着物を着る為に知りたい様々なポイント

着物教室を選ぶ時のポイント

着物を着る機会が減った日本人は着物の着方が分からない人も多いです。でも、着物を着る機会もいつかは来るかもしれません。そんな時のために着付け教室に通うといいでしょう。ここでは着付け教室のチェックポイントについて知りましょう。
【無料見学の有無】
自分に合う着物教室を見極めるには見学を利用するのがいいです。ホームぺージや資料だけでは掴む事ができない教室の雰囲気や講師との相性などは見学や無料体験を通して分かります。無料の見学や体験ができればぜひ、参加してみましょう。
【費用を明確にしているか】
入学金に月謝、教材費など必要な費用はいろいろです。ホームページなどでも公開している事が多いですが、それ以外にもかかる費用がないのかも確認するといいでしょう。また問い合わせた時に料金の事についてしっかりと受け応えしてくれるかも、信頼できる教室なのかの一つの目安になります。
【強引な勧誘に気を付ける】
着付け教室において起こりうるトラブルで強引な勧誘や販売があります。見学をするだけのつもりだったのに受講コースや着物一式を契約させられたなどという人もいます。強引な対応をしてくる所はやめておきます。はっきりと断りましょう。自分に合う教室を選ぶ際のポイントを押さえて、しっかりと着付けを学んで自分で着物を着る事ができれば、これから着物を着る場面で困る事がないでしょう。

胸が大きい人の着物着こなし術

着物を着る時に胸が大きい事で困っていませんか?大き過ぎるバストは時に着物を着る上で欠点になります。ここでは胸が大きい人の着物の着こなしについて知りましょう。
【和装ブラが有効】
1枚の布を体に巻いて着る和装の場合は、ボディにメリハリや凹凸が無い方がすっきりとして着こなしやすいです。そのために特に大きな胸の人は胸や腰回りに浴用タオルを利用して補正する人が多くいます。しかし、胸が大きくグラマラスな人の場合はバストに合わせてタオルをウエストや胸下に詰め込み過ぎてしまう人がいます。するとボディの凹凸を失くす事以前に、他の部分を太くしてしまう結果になります。これでは仕上がりがまるで肝っ玉母ちゃんのようになります。そこでお勧めしたいのが和装ブラジャーです。ノンワイヤーのブラやカップ付きのキャミソール、スポーツブラで代用している人もいますが、和装に適したデザインや素材の和装ブラを一つ持っておくと便利です。和装ブラを身に着けるだけでもだいぶ胸の膨らむことを抑える事ができます。また和装ブラを着用する時のポイントは胸を前に出すのではなくて上へ上へと持ち上げるように付けましょう。胸が大きい事は女性として喜ばしい事ばかりではありません。着物を着る上で面倒もあります。和装ブラを付けて上手に着こなしましょう。