民族衣装着物で実感する日本文化

着物の買取を高値にしてもらう基準

着物を買ったはいいけれども使う機会が少な収納スペースも取るので困っている人もいます。それならいっその事買取してもらえばどうでしょうか。ここでは着物を買取してもらう時のポイントについて知りましょう。
【着物の状態はどうか】
着物の買取をお願いする前に保存状態を確認します。基本的には綺麗で使用回数が少ない方が高値で買取してくれます。目安の一つとして10年以内の着物であれば高い値段で買取してくれる可能性が高いです。着物の査定ポイントとしてシミや色落ち、汚れ、虫食いなどは減点対象になるので普段から手入れをしておく事が大事です。
【高額査定される基準】
まずは、生地の質は重要です。正絹でないと高価な買取は望ません。ウールや化学繊維の着物は買取価格は高くなりにくいです。化学繊維の着物でも買取自体をしてくれる店はありますが、高値の買取は期待しない方がいいでしょう。またサイズも基準になります。小さ過ぎる物や特殊サイズの着物では買い手が付きにくいのでリサイクル用の生地にしかなりません。買取価格はかなり低くなります。それから作家物かどうかでも買取価格は影響します。人間国宝の作品を筆頭にして工芸会、国画会の有名作家の着物、老舗呉服屋の仕立物などが高値で買取されます。できるだけ着物を高く買取してもらいのなら、普段から手入れをしておきましょう。

和柄ブームの影響で注目される着物

日本の代表的な民族衣装である”着物”。着物の歴史をさかのぼること、数百年。縄文時代の貫頭衣にまでたどりつきます。飛鳥時代の中国、唐文化の影響、平安時代の鮮やかな十二単など、日本の歴史と着物文化は切り離す事ができません。現在一般的に”きもの”というのは、和服の中の長着にあたります。長着の仕立てのためには、裏の付いた袷仕立てと裏の付いてない単仕立てに区別され、季節や場所によって着分けていきます。日本の民族衣装である着物ですが、近年の、洋服の一般化によって、着用する機会が急激に減少していました。しかし、最近では、アンティーク調の着物や和柄の流行により、若い世代にも人気です。これから先の新たなきもの文化に、昔ながらの伝統的を組み合わせ、今後も日本の美しいきもの文化は発展し続けることでしょう。そんな美しいきものですが、やはり、茶道を習っていたり、特別な行事でもない限りなかなか一般の人には敷居が高いですよね。ですが、上記でも書いた通り、和柄ブームの影響からか、京都だけでなく全国各地にお手ごろな値段で着ることができる着物レンタル屋さんがあります。日本は四季に富んでいるため、年間を通して様々な行事があります。ちょっとしたイベントをきっかけに着物を着てみるのはいかがですか?