カジュアルにもフォーマルにもオススメな着物

時代によって異なった日本の着物を知りたい

日本の伝統衣装である着物は和服ともいいますが、現在の女性の一般的な着物スタイルは、安土桃山時代や江戸時代前期の頃の、小袖の着物を踏襲しています。それ以前の着物というのは、鎌倉時代や室町時代には水干と呼ばれる袴付きの男性着物があり、女性用では打掛という長い袖の着物があり、一般には小袖を着流したスタイルでした。遡って平安時代にはよく知られる十二単などの貴族服のほか、庶民の間では小袖あるいは広袖を着流したり、腰巻きスタイルだったりと、今の着物とは様子が異なりました。さらに奈良時代以前は、礼服や朝服など朝廷の衣服は厳格に定められていました。聖徳太子の有名な絵図「唐本御影」で、聖徳太子らが纏う衣服は、一見して今の女性の和服に似ていますが、襟を重ねる着物ではなく、トレーナーのような貫頭衣です。古墳時代頃より前の衣服は古墳に飾られた埴輪でよく見られますが、いまのTシャツ、襟なしコート、ズボンとよく似た形状のものが見られ、着物とは完全にかけ離れていました。いま洋服が一般的ななかで、時折イベントの時など着物を身につける習慣があります。レンタル着物では江戸時代以降のスタイルが一般的です。それに加えて江戸時代以前の着物も、着られる機会があったら、着物のバリエーションも広がって、日本の古来の伝統がより一層取り戻せそうです。

着物を普段着にしたい人におすすめ手法!

和装を普段着にしている…という人は、いったいどのくらいいるのでしょうか。最近は年配の方でも、ふだんから着物を着ている人はごく少数派となりました。パーティーや冠婚葬祭の場ではいくらか見かけるものの、そういった所へ来ていく着物はオフィシャルなものであり、お値段も数十万円レベルからと高くなっています。自前の着物を着てみたい…と思い立った時に、いきなりこのようなきっちりした装いから始めてしまうと、初期費用がかかりすぎて絶対に続けられません。まずは夏場の木綿ゆかたから始めて、自分で簡単な着つけをマスターしましょう。その上で、浴衣以外の普段着物に挑戦していくのがおすすめです。ご家族がもう着ない…という、古い年代物の着物がタンスの中に眠っていませんか?そういったものを見て、合うような小物を自分で徐々に見繕っていけば、ごく安く着物一式が揃っていきます。さすがに肌襦袢や裾除け、腰ひもなどは新品でそろえるとしても、数千円内の範囲で収まります。また、慣れてきたら着物リサイクルショップへ行ってみましょう。ウールや木綿など、着やすい生地から選んで行くのが賢明です。近畿地方にお住まいであれば、京都の東寺骨董市などでアンティークな着物を探すのも楽しいですね。